「書く」のと「音読する」のでは、どっちが効率よく覚えられるのでしょうか? 結論から言うと、どっちも必要です。 中には、どちらか片方で暗記やっているという人もいることでしょう。 もちろん、自分に一番あったやり方を選べばよいわけですが、効率的な面で言うと、「書いて覚える」のと「読んで覚える」を繰り返すのが一番覚えやすいでしょう。 特に、声に出して読む「音読」が効果的のだとか。 ですが、勉強している場所が図書館だったり、深夜の自室だったりすると、大きな声で音読というわけにもいきませんよね。 実は、黙読でも効果があります。 ただし、黙読だったら、「内容をしっかりと理解しながら、一語ずつ噛み締めるように」読むのがポイントになります。 また、「書いて覚える」と「読んで覚える」の繰り返しを簡単に実現する方法が「単語(とにかく?をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)帳」になりますよね。 単語帳は作成時に書くことで覚え、その後、なんども声に出して読むことで記憶に定着させていくことができます。 このように、両方の組み合わせが一番効率よく覚えられるだとされているのですー